将来に活かせる資格|簿記2級を独学する手段

ウーマン
このエントリーをはてなブックマークに追加

色々な通信教育

電卓と手

日商簿記1級を独学で取得することは難しいと言われています。日商簿記1級を独学で、どうやって勉強していけばいいのか、その工夫を考えていきましょう。まずは、簿記の知識がどれくらいあるのかで難しさが変わってきます。日商簿記3級や2級なら持っているという方は、日商簿記1級を独学で勉強することも可能かもしれません。日商簿記1級を独学で勉強するのに、まず教材選びが一番大切になってきます。解説が丁寧で詳しい、過去問集のテキストを選ぶことをお勧めします。日商簿記1級は2級と比べると、範囲が広くなり難易度も難しくなります。今の自分の知識と要求されている知識が同レベルになるように、過去問をやりながら試験を攻略する能力をつけていきましょう。

日商簿記1級が難しいと思われていることのなかに、日商簿記1級の資格を持っていると、税理士試験の受験資格に該当します。また、税理士や会計士を目指す方の登竜門とも言われています。また、簿記1級と会計士の簿記では内容が違うということもあるので、会計士用の勉強は必要ありません。独学で勉強するのはモチベーションの維持が大変かもしれませんが、市販の教材が充実している現在では、独学で自分のペースで勉強するということは合理的な勉強方法といえます。一番のメリットとしては、やはり税理士資格が欲しい方が、日商簿記1級を勉強することで、少しずつ税理士になる夢に近づくことができるという点です。それ以外にも、会計指導者になりたいという方にも最適です。