将来に活かせる資格|簿記2級を独学する手段

ウーマン
このエントリーをはてなブックマークに追加

資格をとって活躍する

勉強

会計の専門家を目指す

様々な資格があって、どの資格の勉強をすればいいか迷ってしまうと思います。思い切って公認会計士の勉強に挑戦するのはどうでしょうか。どんな企業でも必要とされるスキルが「会計」です。そんな会計の専門家が「公認会計士」です。医師や弁護士と並んで三大国家資格といわれるほど社会的地位が高いにもかかわらず、受験資格の制限はなく、だれでも挑戦できます。公認会計士試験には、短答式試験と論文式試験があります。短答式試験は年2回実施され、合格者は2年間短答式試験が免除されます。つまり、一度短答式試験に合格すれば、3回、論文式試験を受験できます。論文式試験には科目合格制度があり、一度にすべての科目に合格する必要はありません。難関資格ですが、女性でも働きやすく、ビジネスの多様化・国際化に伴い、公認会計士の活躍の場はこれからも広がっていくと予想されます。勉強する価値はあります。

通信で学ぶ

公認会計士試験の勉強方法には、通学・独学・通信で学ぶ方法があります。通学を選んだ場合、スケジュールが決まっているため、自分のペースで勉強できません。また、専門学校が近くにないという人もいるでしょう。独学を選んだ場合、自分のペースで勉強できますが、試験に関する情報収集を自分で行う必要があります。会計制度はたびたび改正されるので、常に最新の情報が必要です。インターネットや受験情報誌から情報を入手することもできますが、手間とコストがかかります。通信を選んだ場合、全国どこに住んでいても自分に合ったペースで勉強できます。さらに、専門学校の情報収集力を利用することも可能です。以上から、通信で学ぶ方法をおすすめします。